更新再開と展望のお知らせ

検索練習スキルを習得しよう。学習効率を上げる基本技を絶対実行するための記事

検索練習スキルを習得しよう。学習効率を上げる基本技を絶対実行するための記事

今回のLearnTernでは「検索練習」を紹介します。
検索練習は学習効率を上げるのに有効な技で、多くの研究がその有効性を支持しているものです。

しかし検索練習を有効に活用している学習者は少なかったり。
記事の後半では、確実に検索練習に取り組み始めるための考え方を紹介します。

検索練習とは?

検索練習とは、学んだ内容を思い出すことで記憶効率を高める学習法のことです。

テキストの内容を見ずに思い出したり、問いに答えたり、フラッシュカードを使ったりするのはすべて「検索練習」になります。

以前紹介した「テスト効果」とほぼ同じなので、詳しくはそちらを読んでください。

今回は検索練習の原理というよりは、「(絶対やったほうが良い)検索練習に取り組むためにどうする?」という記事になります。

検索練習のメリット

まずは検索練習のメリットを軽く押さえておきましょう。
大きく分けて2つのメリットがあります。

「記憶」「理解」です。

検索練習に取り組むと、記憶強度が上がる

“記憶から情報を取り出す行為は効果の高い学習法”
(認知心理学者 ボブ・ビョーク)

思い出すのは苦労を伴う行為です。

「復習するわ」と言って、テキストをもう一度読む(再認プロセス)の方が何倍も楽かもしれません。

しかし、記憶強度を高めるのは思い出す(想起、検索)プロセスなのです。
(→記憶のプロセスについては以下の記事)

原理的ことを言い出すと大変ですが、納得感を高めるためにも2つほど書いておきます。
(研究結果の方を知りたい人は「テスト効果」の記事を)

まず、記憶はネットワークのような形になっていると考えられています。
このネットワークは、使っていないと弱くなっていきます。

逆に頻繁にアクセスすれば、ネットワークが活性化され、強化されていくのです。
思い出すという行為は、このネットワークの活性化を促進します。

また、思い出すプロセスの中で、私たちは対象の記憶を編集・解釈します。

基本的に記憶というのは「処理水準(どれだけその情報について思考したり加工したりするか)」を高めることで強くなっていくので、この編集・解釈がとても有なのです。

――検索練習は記憶を強固なものにする。

頭と心に刻み込んでください。

検索練習は、理解の促進にも役立つ

検索練習は編集・解釈を伴います。
また、思い出す過程で、さまざまな繋がり・論理関係を辿っていくこともあるでしょう。

これらのプロセスは理解をすすめたり、深めたりしてくれます。

有能な教師ほど質問を巧みに使いこなすでしょう。
あれは生徒の検索練習を促しているのですね。

検索練習を使わない……?

検索練習はメリットの高い学習法。
多くの研究がその有効性を支持しています。

一方で、実際に検索練習を積極的に使っている学習者は多くありません。

テスト効果の研究で著名なKarpickeRoedigerらが大学生を対象に行った調査では、「メモや教科書を繰り返し読む」学生に対して、「検索練習を活用している」学生は少数であることがわかりました。

『Metacognitive strategies in student learning: Do students practise retrieval when they study on their own?』

先程も言いましたが、検索練習よりテキストの再読の方が楽です。
しかしその効果は限定的。

検索練習をした方がいいのです。

それでもやらない人がいる。
そこで今回、「方略利用の発達段階」なるものを引っ張り出してきました。

検索練習に取り組むために

「方略利用の発達段階」とは、人がどのような段階を経て方略(メソッド、テクニック)を実践できるようになるのか、という研究分野です。

ざっくりまとめると以下の三段階。

媒介欠如:「そもそも方略を知らない」
産出欠如:「知っているのに使わない」
利用欠如:「上手く使えない」

今回着目したいのは2段階目「産出欠如」

その方法を知っているのにできないこと、いっぱいありますよね。

原因の一つは、タイミングをわかっていないこと
その方法を使えるタイミングを見逃してしまうパターンです。

しかしながら、学習に関してそれはあまりないです。
学びたければいつでもやればいいのですから。

したがって、もう一つの原因に目を向けることになります。

それは「価値の認識が低い」こと。

方略の価値 = 有効性 / コスト

なので対策としては、

→① 有効性を上げる
→② コストを下げる

のどちらかです。

検索練習の有効性を上げる

上で検索練習のメリットを挙げましたが、あれらはとても抽象的なものです。

基本的に、時間的に近い行動に影響を与えるために重要なのは「具体化」
(逆に時間的に遠い行動に影響を与えるのは抽象的なものです)

自分が検索練習に取り組むメリットを具体化してみましょう。

あなたにとっての利益は何ですか?

単位? 成績?
数字は?
褒められること? 勝てること?
誰に?

とにかく具体的にしてください。
これが有効性の認知につながります。

検索練習のコストを下げる

テストというと大変そうですが、大事なのは「思い出す」プロセス。
とりあえずこのプロセスがあればいいのです。

別にテストやフラッシュカードを準備する必要はありません。

テキストを前にして、何が書いてあったかを口に出してみるのです。
できればだれかに説明するつもりで。

めちゃくちゃ効果的な検索練習です。

時間コストを下げたいのであれば、タイミングを考えてみましょう。

信号の待ち時間、電車に乗っている時、スマホの通信制限で苦しんでいる時など、いろいろなタイミングを検索練習の時間に変えてしまいましょう。

基本的に思い出すだけなので、何も持っていなくてもできるのです。

一応、フィードバック(答え合わせ)があった方が効率が上がるので、スマホで写真をとったりメモっておいたりしておきましょう。

今回は検索練習の導入のために「方略利用の発達段階」から産出欠如対策を持ってきましたが、この方法は他にも応用できます。

あんまり有名ではないですけど、めちゃくちゃアリなメソッドなので、ひっそり有効活用してみてください。

検索練習はやらなければならないこと

基本的にLearnTernは、学習者が「やった方がいいこと」を発信しています。

しかし今回ばかりは違います。

――学習者なら、検索練習はやらなければならない。

それくらい大事で、役に立ち、意味のあることです。
ぜひ取り組んでみてください。

あなたにとっての検索練習のメリットと、検索練習のタイミングを書き出してみよう

*Akiのあとがきnoteはこちら→『【あとがき】絶対不可欠スキル「検索練習」』

【登場した記事】

学習法-Methods-カテゴリの最新記事